本文へスキップ

配球論はバッテリーの能力向上を目的とした配球専門サイトです。

TEL.

スライダー系の使い方

トップページ > 変化球の使い方 > スライダー系の使い方


スポンサードリンク



スライダーはストレートに近いスピードで、軌道も途中までストレートと変わらないため様々な効果のある変化球です。
そのスライダーを使うことによって得られる効果を説明します。

使い方1 芯を外す

真っ直ぐと思って振ってきた打者に対して手元で曲がることによって、バットの芯を外すことができます。
打者からすると「捉えた」と思ったはずが引っ掛けて内野ゴロなどになります。
特にゲッツーを狙う時などに有効な使い方です。

使い方2 空振りを奪う

大きな横変化のスライダーや縦スライダーの場合は空振りを奪うことも可能です。
右投手であれば右打者のアウトコースのストライクからボールになるスライダー、左打者の膝もとへのスライダーで空振りを奪います。
縦のスライダーの場合は「ストン」と落ちることでフォークのようなイメージで空振りを奪うことが出来ます。

使い方3 目先を変える

アウトコースに逃げるスライダーを投げることで打者の目先を外側に持っていき、次はインコースのストレートで勝負するなど、打者の
目先を変える効果があります。
特にストレート待ちの打者はスライダーが来ると体で追うことがあるので、スライダーの軌道を見せることで残像を残します。

使い方4 スライダー待ちの打者に対して変化を変える

敢えてスライダー待ちの打者に対しての投球することの効果もあります。
例えば、スピードの速い曲がりの小さいスライダーを見せておいて、次は少しスピードを落とした変化の大きなスライダーを見せることで
空振りや内野ゴロを奪います。

使い方5 シュートとの組み合わせで幅を持たせる

ストレート、シュート、スライダーを組み合わせることで投球に横の幅が広がり、打者の狙い球を絞りにくくします。
また、シュートをインコースに見せて踏みこみを浅くした後、スライダーを投げることで小手先のバッティングにさせるなどの効果もあり
ます。

スポンサードリンク

姉妹サイト
野球 守備フォーメーション
守備のポイント、ケース別フォーメー
ション、守備のセオリーを網羅!
守備力の底上げを!

バッティング/走塁の技術と攻撃の戦術
バッティングフォーム分解/テクニック、走塁の基本からテクニック、攻撃のセオリー、攻撃のための戦術など攻撃の全てを網羅。
効率良く得点を奪おう!

投手の技術
ピッチングフォーム、変化球の投げ方、フィールディングなど投手に必要なスキルを全て詰め込んだサイト
スポンサードリンク